タクノコドモカグラ

観光スポット

宅野子ども神楽

00000543

宅野子ども神楽は、宝暦年代(1751〜1763)に、神様に感謝し、五穀豊穣を願う行事として始まる。その後270年間(口承では350年間)、途切れることなく継承されている。
当時に作られた大太鼓は、今でも宅野八幡宮で使われている。
神楽は、奥飯石・三瓶神楽系統に分類され、この地が北前船の寄港地だった関係から、伊勢の大神楽・歌舞伎の影響もうけており関西からはいった演目もある。
戦中戦後の混乱期、また過疎化・少子化により一時期衰退の途をたどるも、地域住民により昭和52年に「子ども神楽保存会」が結成される。
現在は、宅野地区の小中学生は全員、神楽の構成員となっている。
年中行事として、正月3ヶ日の獅子舞、2月11日の発表会がある。
その他に、年に数回、公共団体や老人会からの依頼を受けての上演がある。
平成3年には、アメリカ公演・平成18年にはモンゴル上演を行った。

住所 大田市仁摩町宅野町
お問合せ先

宅野子ども神楽保存会 会長 藤間元康

大田市仁摩町宅野150

〒699-2302

電話:0854(88)2750

営業時間 <利用可能時間(営業時間)> 1月1日〜3日、2月11日